HIROTOPHY / 会社員ヒロトの免疫低めブログ

東京在住の会社員ヒロトのブログです。

BPM-戦争を知らないHIV陽性者

TOKYO AIDS WEEKS日本エイズ学会にはじめて参加した。

 

学会が初めてなのは、まあ仕方ないだろう。でも、TOKYO AIDS WEEKも初めてというのは、感染を知るまでの僕がいかにHIV・AIDSに無関心だったかを物語っているようで、ちょっと恥ずかしい。

 

たくさんのプログラムの中で僕が最初に参加したのは、映画「BPM」の試写会だった。BPMは、今年のカンヌ映画祭のグランプリ受賞作品で、第90回アカデミー賞外国語映画部門フランス代表にも選出された話題作。

 

舞台は、1989年のフランス・パリ。HIV・AIDSの当事者団体である「Act Up-Paris」の活動と、そこで活動する人々の様々な思いが描かれる。

 

当時は、HIVに感染するとかならずAIDSになり(発症を抑える術がなかった)、AIDSは「戦争」だった。

 

HIV陽性者の予後を劇的に改善することになるART療法が導入されたのが1996年。それ以前の時代は、医療者に患者を助ける手立てがなく、患者本人や周囲は死の訪れを待つことしかできなかった。映画の中のAct Upの仲間も、一人また一人と死んでいく。

 

医療者が何もできないなんてありえるのかと思うが、当時は本当にそうだった。映画のあとのトークセッションで、当時パートナーをエイズで亡くした大塚隆史さんは次のように言っていた。「医者に言われました。できることは何もありません。ってね」

 

遅々として新薬を実用化させない製薬会社への憤り。有効な予防手段を講じない行政への苛立ち。無関心な社会への怒り。映画の中の当事者とその支援者を突き動かしているのは、まさに怒りだった。

 

そして、戦争のさなかの恋、セックス。

 

HIVが人と人を分断し、つなぎ、また分断していく。そんな様子が、ベースの効いた4ビートのBGMに乗って淡々と、赤裸々に描かれていた。

 

この映画は、いろいろな意味で1年前にHIV陽性であることを知ったばかりの僕を動揺させた。

 

映画の中の当事者たちが抱えていた生々しい恐怖と焦り、救いが見えない絶望と悲しみ。それは、2017年を生きる僕が心の奥底に無意識のうちに潜ませている不安や恐怖をえぐりだすように迫ってきた。正直、映画を見ているのがとてもつらかった。

 

そして、映画の中の状況と、いまの僕ら陽性者が置かれた状況とのあまりにも激しいギャップ。

 

毎日普通に会社に行って食事をして遊んで笑いながら暮らす僕は、本当に映画の中の彼らと同じ病気を持つ人間なのだろうか。

 

病院に行けば有効な治療が豊富に準備され、行政も製薬会社も僕らにサポーティブ。社会にも、関心を持ち正しく理解しようとアプローチしてくれる人がたくさんいる。

 

すべてが真逆である。

 

そんな恵まれた環境の中で、僕らは病気のことがバレないようにと、ただそれだけを必死に頑張りながら生きている。当時、もっと生きたいと願いながら為す術もなく旅立っていった人たちは、今の僕らを見て何を思うだろう。僕らに何を言いたいだろう。

 

見終わった後も、ずっとそんなことを考えていた。 

 

f:id:hirotophy:20171124003912j:image

 

最近になって治療を始めた僕たちは、戦争を知らない「戦後生まれ」だ。

 

当時を知る人は、今の陽性者にこんな思いを抱くのではないだろうか。あのときに比べれば本当に幸せだ。だから、みんな心穏やかに過ごせればそれがいちばんだと。

 

しかし、僕らには今が全てだ。戦争との比較対象としてではなく、過去と切り離して今を見れば、戦後生まれの僕らにもきっと僕らの「怒り」がある。それはきっと、先輩たちから引き継ぐものではない、僕たちの内部から沸き起こる現代の怒りだ。

 

戦後生まれの役割と怒り。それを探し、そこから社会を変えていくことが、30年前に戦争でこの世を去った人たちに僕らが報告できることなのかもしれない。

 

BPMの日本での一般公開は、2018年3月予定。ぜひたくさんの人に見てほしい。

bpm-movie.jp

この映画の感想はいろいろな人が発信しているが、おススメは次の3つ。合わせて読んでみてほしい。

 ===

 

最後まで読んでくれてありがとう!