HIROTOPHY / 会社員ヒロトの免疫低めブログ

会社員・裕斗のブログです。Living with HIV and undetectable.

HIROTOPHY

グレープフルーツ

久しぶりの外勤。

 

訪問先との約束まで時間があったので、ランチでも食べようと同僚くんを誘って中華料理屋に入りました。円卓にはすでに中国茶がセットされていて、蓋を開けると茶葉やら穀物やら木の実やら正体不明のいろんなものが中に入っていました。

 

店員さんがお湯を注ぎます。中国茶の独特な香りが、目の前にあふれ出ました。

 

「ヒロトさん、これかなり美味しいですね」

 

同僚くんは、本格的な中国茶にご満悦の様子です。僕も熱くなった椀を手に取り、ひと口だけ飲む「ふり」をしてから、静かにテーブルに戻しました。そう、この手は苦手なのです。一年前から。

 

僕が飲んでいる抗HIV薬は「トリーメク」といいますが、トリーメクの添付文書を見ると、薬の成分の血中濃度を下げてしまう食品として次の二つが示されています。

 

  • セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)
  • 鉄剤やカルシウムを含むサプリメント

 

抗HIV薬は、血中濃度が下がるとターゲットとなるウィルスが耐性を獲得してしまい、薬が効かなくなる可能性があります。そうなったら、僕はトリーメクをもう二度と使えません。これらは、けっこう真剣に避ける必要がある食品なのです。

 

鉄やカルシウムのサプリメントは、どうにかなりそうです。意図せず摂取してしまうという状況は考えにくいので、単に摂取を避ければ良いだけの話です。

 

しかし、もうひとつの「セイヨウオトギリソウ」というハーブは、少し厄介です。メジャーな食品ではないので、どんなところに使われているのか見当がつかないからです。ハーブティーには含まれる場合がありそうですが、出される度に「どんなハーブが使われていますか」といちいち聞くわけにもいきません。

 

そこで僕は、中国茶やハーブティーなど「それっぽいもの」を、とにかく避けるようにしています。

 

同僚くんがおいしそうに中国茶を飲むのを羨ましい気持ちでながめながら、これでいいんだ、耐性菌の獲得を避けられたんだ、と自分に言い聞かせて気持ちをなだめました。

 

おいしい中国料理をいただき、腹ごしらえができたところで、僕は同僚くんといっしょに訪問先の外資系企業に向かいました。

 

着いてみたら、なんとも立派なオフィスビル。入館手続きを済ませて部屋に通されると、そこには建物の壮大さとは対照的なジュースの小さな紙パックが置いてありました。さすが外資系、おもてなしも合理的でスマートです。

 

早速いただこうと伸ばした手を、僕はすぐに止めました。それは、グレープフルーツジュースだったのです。なんてこった。今日は当たり日だ。こんなに連続して登場するなんて。僕は静かに伸ばした手をひっこめました。

 

f:id:hirotophy:20170818174704j:image

 

グレープフルーツは、抗HIV薬のいくつかについて血中濃度を上げてしまうと言われています。

 

もっとも、トリーメクについては、添付文書にグレープフルーツへの言及はなく、誰かに避けるようと言われたことだってありません。要は、僕が勝手に不安がっているだけ。でも同じ病気の薬の話、どうしても気になってしまいます。

 

「これ、取り替えてくれないかな」

 

そう同僚くんに言いかけて、僕は言葉をのみこみました。誰もダメだと言っていない、僕の勝手な妄想たる禁忌事項のために、わざわざ誰かにお願いをすることがとてもバカバカしく、失礼なことに感じられたのです。

 

根拠のない不安を消しきれない。そして周りには何も伝えられない。

 

ふと、HIVに向き合う自分の姿が、グレープフルーツにおののく自分の姿に重なりました。そう考えると、目の前の紙パックも、僕が克服すべきもの、飲み干してなくしてしまうべき幻影のようにも思えてきました。

 

「どうもお待たせしました」
「初めまして。よろしくお願いします」

 

クライアントがやってきました。中国茶の中身、こんどは店の人にちゃんと聞いてみよう。グレープフルーツも、いちど薬剤師さんに聞いてみよう。小さなことでも一つずつ解決して、一歩ずつでも前に進んでいこうと考えたら、なんだかすっと気持ちが楽になりました。

 

プロジェクターに映し出される発表を、僕は上の空で見つめていました。